〒560-0021 大阪府豊中市本町1-13-29 竹の回廊ビル2階-1
(阪急電鉄 宝塚線 豊中駅 南改札口から徒歩4分)

受付時間
受付時間:9:30~19:00
定休日 :日・月・祝日

たばこ・お酒・コーヒー・紫外線と薄毛の関係

たばこ・お酒・コーヒー・紫外線と薄毛の関係

大阪府豊中市の女性専用薄毛治療院 レメディ(Remedy)代表の竹口です。


喫煙と脱毛との関係ですが、たばこの影響によって脱毛するのは何倍かというようなデータは残念ながらありませんが、脱毛の問題よりも健康に害を与えることのほうが最も重大です。

たばこ

髪の毛を育むカラダが健康でなければ、抜け毛や薄毛などの髪の毛のトラブルが、解消させないばかりか、新しい髪の毛が育ちません。

ニコチン

たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ、一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合し、全身的な酸欠を引き起こします。

血管収縮が起こると、栄養分を髪の毛に運ぶのが妨げられます。 さらに、毛乳頭に通っている毛細血管も収縮してしまうと、栄養分が行き渡らずに髪の毛の成長が阻害されるだけではなく、今ある髪の毛も抜けやすくなってしまいます。

男性ホルモンの増加

喫煙はテストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)などの、多くの男性ホルモンを増加させ、脱毛を増加させる要因だと考えられています。(ハーバード大学公衆衛生学部)

活性酸素

活性酸素をためる原因となり、頭皮に毒素がたまっていき、肌が黒ずんできます。

肺機能

喫煙している人の肺は通常の人の肺に比べて7割程度しか大きくなりません。それだけ空気を吸い込めず、血も内臓も汚れた状態になっているということです。

体温

たばこを1本吸うと0.1℃体温が下がると言われています。一方で、健康な人の頭皮が1℃下がると、脱毛が始まりやすいとも言われています。

ビタミンの消費

髪の毛の健康に必要なビタミンC、B2、B12が失われるばかりでなく、皮膚全体にも影響します。

ビタミンCは、たばこ1本吸うごとに25mg消耗し、毛細血管が弱ってしまいます。

お酒

お酒は血行を盛んにし、ストレス解消にみなりますので、ビールでいえば1日1本くらいまでで、週に1日は休肝日を設けるようにし、深酒でなければあまり心配はいりません。

とはいえ、アルコールはビタミンB1の消費を高め、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

カフェイン

コーヒー、コーラ、チョコレートなどにはカフェインが含まれています。

カフェインのとり過ぎが直接すぐ脱毛に関係してくるというより、つねに大量のカフェインの刺激により交感神経が刺激され、毛細血管の働きを悪くするため、まず健康状態に働き、皮膚の働きが悪くなり、その結果脱毛関係してくると考えたほうがよいでしょう。

コーヒーはせいぜいアメリカンで2〜3杯くらいまでとし、胃を荒らさないためにも飲み過ぎは注意する方がようでしょう。

食品添加物のホリリン酸

コーラなどの飲料や、漬物や保存食品などに多く含まれる食品添加物のホリリン酸は、身体に必要な亜鉛や銅、鉄などの金属類(ミネラル)を排出してしまいますので、これらの含まれている物はなるべくとらないようにしてください。

食品の裏の表示を調べれば、ポリリン酸やリン酸などと書いてあります。

紫外線で髪が傷む?

スキンケア、スカルプケア、ヘアケアで最も大切なことは、紫外線の遮光性です。

紫外線には、サンバーンの原因であるB波は衣類によって70%が遮断されます。

曇りの日でも紫外線は降りそそいでいますし、地面からの照り返しもあり、とくに晴れた日の雪山では80%も反射しています。

砂浜で10〜25%、アスファルトでも10%も反射していますので、あらゆる方向からの防御をおこなわなければなりません。

紫外線はビタミンDの合成に必要ですから完全な悪役ではありませんが、皮膚の老化を防ぐためには、浴びないほうが無難です。

長年、恒常的に紫外線を浴びつづけると、顔は黒くなり、深いしわが刻まれてしまいます。

夏場の強い紫外線は、髪のケラチンを破壊し、キューティクルを浮き上がらせます。

刺激が強いとされるパーマやカラーリングなどよりも、髪の毛に損傷を与えるています。 何の気なしにあびている紫外線ですが、実はとても怖いのです。

髪の毛は紫外線によって傷めつけられると、ちょっとこすれただけでキューティクルが剥がれるようになってしまいます。

紫外線を受けると髪の毛の構成アミノ酸中のシスチンが分解されます。

すると、頭髪の引っ張り強度が低下したり、水分を保持する毛髪中のタンパク質が破壊されるためパサつきが起こります。

過剰な紫外線を受けるとフリーラジカルの作用によりメラニンが酸化分解され、髪が赤茶けた色になったり、キューティクルの損傷や切れ毛に発展しやすくなります。

キューティクルが損傷して剥がれるとさらに髪の潤いを保つタンパク質や脂質がシャンプー時に溶出しやすくなり、髪は変色したり乾燥してパサつくようになって、強度が低下したり、水分保持力が低下するようになってきます。

毛髪は自己修復機能を持たないためダメージを受けるとそのまま損傷が蓄積されてしまいます。

紫外線対策

髪の毛のためのUVケアですが、肌のように急激に損傷が起こるわけではないため、サンスクリーン剤なども数値化したものはありません。

なるべく日光を避けることが大切ですが、強い紫外線を浴びる場合は帽子などで髪を覆うか、UVケア用の乳液やクリームなどを肌だけでなく頭皮や髪にも塗っておくことをおすすめします。

紫外線による皮膚への害を軽減する食べ物

紫外線を浴びたあとは、リコピンやβカロテン、ゼアキサンチンなどのカロテノイドを摂取し、カラダの内部からも対策をしましょう。

緑黄色野菜に含まれるリコピン(トマトに含まれる赤い色素など)や、βカロテン、ゼアキサンチンなどカロテノイドに、紫外線による皮膚への害を軽減する作用のあることが、カゴメ総合研究所と徳島大学医学部大学院の動物実験で確かめられています。

女性の薄毛・抜け毛でお困りなら

レメディ代表の竹口公雄です
あなたのお悩みを解決します!​

 私たちは、『髪の毛の専門家』です。

あなたの今抱える髪の毛のお悩みを改善する事はもちろん、あなたがより健康でイキイキと笑顔で生活できるようにサポートする事が、私たちの使命です。

もしあなたが、髪の毛や頭皮の専門ではない治療院やサロンで施術を受ければ、

・一時的に髪の毛のお悩みが改善しても持続せず、時間もお金も掛かってしまう

・頭皮だけの施術では不十分(健康な身体がなければ、髪の毛は増えてこない)

・周り道をしている間に年齢は上がり、改善できなくなってしまう

と言うことになりかねません。

私たちレメディでは、あなたの自身の自然治癒力を引き出し、年齢に負けない若々しさを持続できるように、責任を持って施術に取り組みます。

自信を持って最善・最高の技術で尽くさせて頂きますので、是非一度レメディの育毛鍼をお試し頂ければと思います。あなたの来店を心からお待ちしております。

                    女性専用薄毛治療院 レメディ(Remedy)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

06-6836-9153

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2020/12/21
新メニュー 再生育毛鍼 誕生!
鍼灸治療と再生医療(ヒト臍帯幹細胞培養上清液)の融合
2020/12/20
お正月休み 12/27~1/7

アクセス・受付時間

住所

〒560-0021
大阪府豊中市本町1-13-29
竹の回廊ビル2階-1

最寄駅

阪急電鉄 宝塚線 豊中駅
南改札口から徒歩4分

受付時間
 
午前 × ×
午後 × ×

9:30~19:00

定休日

日曜日・月曜日・祝日