〒560-0021 大阪府豊中市本町1丁目13−29 竹の回廊ビル2階-1
(阪急電鉄 宝塚線 豊中駅 南改札口から徒歩4分)

受付時間
定休日 :日月・祝日
受付時間:9:30~17:00
土曜日 営業

海草を食べると髪が増える?(食生活での薄毛予防)

食生活での薄毛予防

大阪府豊中市の女性専用薄毛治療院 レメディ(Remedy)代表の竹口です。

 

健康な髪の毛を作るために大切なことは、髪の毛のベースである頭皮に気を使うこと。

そして、髪の毛やカラダを構成する栄養源である食事を気にする必要があります。

といっても、何かを極端に摂取しなければならない訳ではありません。

海草を食べると髪が増える?

  • 昆布やワカメが髪を黒々とさせる
  • 昆布をたくさん食べると、黒々とした丈夫な髪の毛になる
  • 海藻類を食べていればハゲにならない

海藻類はミネラル豊富で髪によい食品であることは間違いありません。 髪の毛が作られるときには必要ですが、髪の毛はタンパク質から作られて、海草だけだは髪を作ることはできません。

髪の毛を作るもとのタンパク質が大切です。

海藻類など食べ物に限らず、さまざまなサプリメントも同じで、特定の成分を摂取することが髪の毛を育てたり、髪を黒くさせるという話には、科学的な根拠はありません。

髪の毛はタンパク質で構成されているため、育毛には、卵や肉、魚を採ることと、健康な髪のツヤを保つには、ワカメや昆布のミネラルが大切です。

海草の成分

ワカメにはヌメリ成分(ヌルヌル成分)のムコ多糖類が豊富で、皮膚や毛髪の保水性、弾力性を高めるとともに髪に光沢をもたらすコンドロイチンが含まれています。

昆布やワカメ、海苔などは、ヨード(ヨウ素)や亜鉛や銅などのミネラル類が豊富で、甲状腺ホルモンをつくり活発な細胞分裂を促します。

他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄なども豊富で、全身の生理機能をしっかり整えてくれます。

またこのヌメリ成分にはフコイダンが含まれており、免疫力の増強などの効果・機能性をもっていることや、抗腫瘍作用、コレステロールや中性脂肪の低下作用、胃粘膜の保護作用、肝機能改善作用、抗酸化作用などのあることが、多くの基礎研究や臨床試験によって確認されています。

海草を食べると髪が増える?説ですが、海草は、残念ながら直接の効果があるというものではありません。

頭皮を整える食事

髪はケラチンとタンパク質からできていて、それが18種類のアミノ酸と結合しています。(アミノ酸のなかでも、シスチンが多く含まれています)

タンパク質が不足すると抜け毛が多くなりやすく、亜鉛や銅やミネラルが不足しても抜け毛の原因になります。

過剰なダイエットのために野菜中心の食生活になると、タンパク質がカラダの中に供給されないので、髪の毛のトラブルが発生してしまいます。

食事では、三食ともに髪の毛を作るタンパク質を抜かないことが大切です。

良質のタンパク質は、アミノ酸が集まってできたもので、食品からしかとれない必須アミノ酸は特に欠かせません。

必須アミノ酸が不足すると、抜け毛や薄毛などに直結します。

このほか、髪の毛をより元気にするためにビタミンやミネラル、頭皮の血行やパサつきをおさえる脂肪酸なども大切です。

脂肪酸の採り過ぎはよくありませんが、脂質をとらなければ、髪はパサついてしまい、抜け毛の原因になります。

大切なのは、髪の毛に対して何かをとり続けることではなく、バランスよく食事を採ることです。

サプリメントを摂取するときには、水道水で飲むのはお勧めしません。

水道氏中に含まれている塩素がビタミンを壊すからです。

できればミネラルウォータが好ましいです。

髪に効く栄養素

タンパク質

栄養素の中でも、カラダをつくる元になるのがタンパク質です。 筋肉だけではなく、髪の毛、血管、内臓、皮膚、爪、骨に至るまでタンパク質が元になるのです。

タンパク質は、肉、魚、卵、牛乳、大豆など、動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。

中でも食品からしかとれない必須アミノ酸を多く含んでいる動物性タンパク質が足りないと、髪の毛に元気がなくなり、皮膚も乾燥肌になり、頭皮も衰えて抜け毛や薄毛になってしまいます。

また、タンパク質から、感情をコントロールする、ストレスと関係が深いホルモン、セロトニンをつくります。

タンパク質をとらずセロトニンが減ると、女性の場合は、排卵にも影響します。

タンパク質は、卵は毎日2個、女性ホルモンを作る大豆を積極的にとりましょう。

タンパク質摂取量の目安
  • 体重40kgの場合 1日40~50g
  • 体重50kgの場合 1日50~60g
  • 体重60kgの場合 1日60~70g
  • 体重10kgあたり、毎日タンパク質10g必要です。
タンパク質が豊富な食材

タンパク質は納豆、豆腐、ブロッコリー、プロテインなどから摂取するほうが、獣肉から食べるよりも吸収率は高く、効果的に摂れます。

ブロッコリーにもタンパク質があるというのは意外かもしれませんが、100g中、約3gのタンパク質があり、カラダへの吸収率は動物性タンパク質より高いのです。

動物性タンパク質は、本来肉に含まれるアミノ酸を利用してタンパク質を分解し人間のタンパク質に合成する必要があります。

ところが、肉は焼いた時点でアミノ酸が壊れてしまいます。

そのため焼肉などは食べても、実際にはタンパク質は充分に摂ることができません。

また焼肉につけるタレに含まれる糖分は高いため、吸収も悪くなるばかりか、内臓脂肪が増える隠れ肥満にもつながります。

肉よりもバナナのほうがずっと良質なタンパク質が含まれています。

タンパク質を取る際は、『野菜+果物』のセットで摂取するようにしましょう。

アミノ酸とキューティクルの関係

髪の毛の根元に栄養が集まれば、ツヤのある健康的な髪の毛が生えてきます。

髪の毛の外側は、アミノ酸入りのトリートメント剤やヘアクリームで外側から補強するといいでしょう。

ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質で、キューティクルなどの構成成分となるものです。

髪の毛の表面はこのキューティクルで覆われていて、何層にも重なり合っている魚のウロコのような形をしています。

このウロコがあることで、汚れがつきにくく、髪の内側を保護してツヤを作り出しています。

キューティクルは、外側から補強するケアと同時に、食事から摂取することが必要です。

大豆製品、なかでもアミノ酸が一度に2〜3倍の量がとれる味噌や納豆などの発酵食品がおすすめです。

髪の毛のツヤは、髪の毛1本1本の表面のクオリティをよくして、はじめて束になって美しさが強調されるのです。

ビタミン

食べ物を分解し吸収する役割をになうのが消化酵素です。そこで必要になるのがビタミンとミネラル。これは新鮮な野菜や果物の中に含まれています。

ビタミンA

髪自体の健康を促すビタミンAは、レバーや緑黄色野菜のほか、バターやチーズにも多く含まれています。 日本人が不足しがちなカルシウムもチーズからとることができます。 チーズケーキによく使われるクリームチーズは、塩分控えめでもあります。カロリーを気にするなら、カッテージチーズやリコッタチーズを使ったものもいいでしょう。

レバー、ウナギ、バター、チーズ、しそ、にんじん、ほうれんそう

ビタミンB2

髪の毛や皮膚の再生、動脈硬化、白内障の予防

ナイアシン(B3)

ナイアシンは、アミノ酸をケラチンに変える栄養素で髪の毛の生成に欠かせません。 体内に蓄積されずに排泄されてしまうため、毎食食べ物からとる必要がある。 多くの食品に含まれていますが、特に魚や肉に豊富に含まれています。

マグロ、サンマ、サバ、ササミ、レバー、牛肉、タラコ

パントテン酸(B5)

タンパク質の代謝促進、細胞の成長、神経中枢の発達、血液・皮膚障害、白髪の予防などの効果を発揮します。

レバー、納豆、牛乳、卵、肉、魚

ビタミンB6

ビタミンB6は、アミノ酸の生成を肝臓で助ける栄養素。

不足すると湿疹や肌荒れを招きます。冷凍保存や調理で損失しがちなので、新鮮なものをとってください。

マグロ、サンマ、サバ、ササミ、レバー、牛肉、タラコ

ビタミンE

血行促進、活性酸素を防ぎ、肩コリ、冷え性に効果があります。

抹茶、ゴマ、ウナギ、ナッツ類

ビオチン

水溶性ビタミンで、白髪・ハゲ予防、疲労回復、脂肪の代謝不全、脱毛・白髪予防に効果があります。

ミネラル

髪・皮膚の色を保ち、鉄分の働きを助け、髪質を守り白髪を予防します。

微量栄養素ですが、不足すると細胞分裂がうまく進まなくなります。

亜鉛 - 毛髪の素になるタンパク質合成のカギ

毛髪はタンパク質からできていることから、そのタンパク質をつくっているアミノ酸が豊富な食品を摂らなければなりません。

亜鉛はタンパク質の合成などの関与していることから、毛の成長を促します。

また亜鉛イオンは5α—リタクターゼⅠ型を阻害することから、亜鉛不足が起こると脱毛の抑制と毛髪再生に影響が出ます。

亜鉛はタンパク質や核酸、インシュリンの合成、新陳代謝の過程に不可欠なミネラルで、前立腺の働きを正常化し生殖機能の発達に必要であり、抗酸化物質のスーパーオキシドンスムターゼ(SOD=超酸化物不均化酵素)を含めて生命維持に必要な多くの酵素の構成要素となっています。

体内の化学反応に必要な酵素は3000以上ありますが、その中でも亜鉛により活性化される酵素は300以上もあり、とても大切なミネラルなのです。

とくに新しい細胞をつくったり、成長させる酵素と関わりが深く、新陳代謝が激しい組織や細胞ほど亜鉛の不足が出やすくなります。

亜鉛不足になると、舌の表面の味蕾の数が減って味がわからなくなり、傷の治りが遅くなったり、精子の数の減少、円形脱毛症、脱毛などが起こってきます。

亜鉛の必要量は1日15mgですが、25mgの摂取でも不足が見られたという報告もあります。

そこで不足を補おうとしてサプリメントなどで過剰摂取をすると、こんどは亜鉛に拮抗している銅や鉄などの不足を起こしてしまいます。

とくに銅の過剰、欠乏の範囲が非常に狭く、多過ぎても不足しても脱毛を起こしますので、亜鉛のとり過ぎにより脱毛が起こってくることもあるのです。

亜鉛対銅の比率は8.5:1ですのでこのバランスが理想です。

たとえは亜鉛を25mgをとっているなら、銅3mgをとるようにしなければなりません。

サプリメントのとり方は、現在の自分の体の中のバランスがどのようになっているかを調べた上でとることが必要です。

自分の体内のミネラルがどのようになっているかを知るためには、毛髪ミネラル分析を受けることが必要です。

基本的にサプリメントでとるより食品でとるほうがバランスよく、他のミネラルも摂取できます。

牡蠣、ナッツ類、スイカやかぼちゃの種子、肉類、玄米、ぬか、くるみ、ネギ、小麦、ゴマなどを多くのとるようにしましょう。

ちなみに、爪に白点が現れている場合は亜鉛の不足が起こっています。

子供の円形脱毛症には非常に多く見られます。

メラニン色素を生成します。

レバー、ナッツ類、ゴマ

ヨウ素

甲状腺のはたらきをアップして、髪の発育を促します。

ワカメ、ヒジキ、昆布

脂肪酸

頭皮の血行やパサつきや枝毛を防ぎます。

ベニバナ油、コーン油、ゴマ油などがあります。

リノール酸

頭皮の血行やパサつきや枝毛を防ぎます。

ベニバナ油、コーン油、ゴマ油などがあります。

脂質と糖質

血液浄化や血流改善のためには、脂質や糖質は極力控える事が重要です。

エネルギーとして必要な栄養素ですから、摂ってはいけないということではありません。 完全にカットしてしまうのは、非常に危険です。

特に糖質は脳の唯一の栄養源ですし、脂質も脳の構成成分のうち60%を占めています。

必要のない糖質とは、カラダの害になるブドウ糖・果糖・液糖が含まれる、食品や飲み物です。

これらは脂肪を蓄積しやすいので、育毛に不利な物質です。

人口甘味料も最近の研究では肥満や糖尿病につながることが分かってきました。

血糖値があがり肥満になりやすく、そしてそれが進めば血流が圧迫されるために、髪の毛に充分な栄養が届きにくくなります。

しかし、生命維持には欠かせない細胞膜の成分でもあり、脳の構成成分60%を脂質がしめていますので、極端なカットはおすすめできません。

毎日のご飯を最低2食、1膳ずつ食べれば、脂質と糖質は、十分補給できます。


これらの栄養素を吸収させるためには、他の栄養素も必要になってきます。

基本となるのは、栄養価がありバランスがとれた食事、そして睡眠、運動、休養です。

人間の細胞は毎日生まれ変わっています。

3年経つとカラダの細胞の実に80%が入れ替わります。

体質、体調を改善するためには開始してからおおよそ3ヶ月はかかります。

最初の1ヶ月はあまり変化が感じられないでしょうが、個人差はありますが、2ヶ月以降はカラダの変化が実感出来ます。

髪の毛に良い食材

卵 — タンパク質・パントテン酸

髪の毛を作るタンパク質の構成成分であるアミノ酸の摂取は、欠かせません。

アミノ酸のうち、体内で作れない必須アミノ酸は食事からとる必要があります。

タンパク質を評価する、指標アミノ酸スコアのバランスがもっともよいのが卵です。

1日2個は食べたいものです。

卵には、善玉コレステロールを増やすビタミンB群のパントテン酸も豊富です。

ほうれんそう ー ビタミンA 

髪の毛の健康を促進する栄養素がビタミンBです。 髪の毛を含む皮膚やのど、鼻、肺、消化器官などの粘膜を正常に保つはたらきをしています。

ほうれんそうや緑黄野菜に多く含まれるベーターカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。 ビタミンAは油と一緒に採らないと、体に吸収されません。

レバー ー亜鉛、ビタミンA 

レバーは、髪の毛に必要な栄養素がつまった、必ず食べていただきたい食材です。

細胞の新陳代謝を上げて、実際の髪の毛を作る亜鉛、髪の毛の健康を促進するビタミンA、ナイアシン、銅、パントテン酸が含まれています。 食べにくいという人でも、ペーストにしたり細かく刻んで野菜炒めにするなど工夫してとってください。

ナッツ類 —ビタミンE、銅 

抗酸化作用をもつビタミンEは、細胞の老化を防ぎます。

また血行をよくするはたらきをもつので、肩コリや冷え性にも改善効果が期待されています。

ミネラルの仲間である銅は、メラニン色素を生成するはたらきがあり、白髪予防にみなります。

貧血予防にも欠かせません。ナッツのほか、ゴマやレバーにも多く含まれています。

ヒジキ ー ヨウ素

ヨウ素は体内に含まれ、そのほとんどは甲状腺ホルモンに集中しています。

体の代謝をつかさどる甲状腺のはたらきを上げて、髪の発育を促します。

ヒジキのほか、ワカメや昆布などの海藻類、魚介類にも多く含まれています。

レモン ー クエン酸 

クエン酸は直接、髪の毛を作る栄養素ではありませんが、カルシウムやマグネシウムの吸収を促進するはたらきをもっています。

また、たまると疲労物質になる乳酸を分解するはたらきをもあるので、疲労回復やリラックス、スタミナ維持には欠かせない栄養素です。

レモンやみかんなどのかんきつ類、酢、梅干しに含まれています。

お酒

お酒は血行を盛んにし、ストレス解消にみなりますので、ビールでいえば1日1本くらいまでで、週に1日は休肝日を設けるようにし、深酒でなければあまり心配はいりません。

とはいえ、アルコールはビタミンB1の消費を高め、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

カフェイン

コーヒー、コーラ、チョコレートなどにはカフェインが含まれています。

カフェインのとり過ぎが直接すぐ脱毛に関係してくるというより、つねに大量のカフェインの刺激により交感神経が刺激され、毛細血管の働きを悪くするため、まず健康状態に働き、皮膚の働きが悪くなり、その結果脱毛関係してくると考えたほうがよいでしょう。

コーヒーはせいぜいアメリカンで2〜3杯くらいまでとし、胃を荒らさないためにも飲み過ぎは注意する方がようでしょう。

食品添加物のホリリン酸

コーラなどの飲料や、漬物や保存食品などに多く含まれる食品添加物のホリリン酸は、身体に必要な亜鉛や銅、鉄などの金属類(ミネラル)を排出してしまいますので、これらの含まれている物はなるべくとらないようにしてください。

食品の裏の表示を調べれば、ポリリン酸やリン酸などと書いてあります。

たばこ

髪の毛を育むカラダが健康でなければ、抜け毛や薄毛などの髪の毛のトラブルが、解消させないばかりか、新しい髪の毛が育ちません。

ニコチン

たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ、一酸化炭素が血液中のヘモグロビンと結合し、全身的な酸欠を引き起こします。

血管収縮が起こると、栄養分を髪の毛に運ぶのが妨げられます。 さらに、毛乳頭に通っている毛細血管も収縮してしまうと、栄養分が行き渡らずに髪の毛の成長が阻害されるだけではなく、今ある髪の毛も抜けやすくなってしまいます。

男性ホルモンの増加

喫煙はテストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)などの、多くの男性ホルモンを増加させ、脱毛を増加させる要因だと考えられています。(ハーバード大学公衆衛生学部)

活性酸素

活性酸素をためる原因となり、頭皮に毒素がたまっていき、肌が黒ずんできます。

肺機能

喫煙している人の肺は通常の人の肺に比べて7割程度しか大きくなりません。それだけ空気を吸い込めず、血も内臓も汚れた状態になっているということです。

体温

たばこを1本吸うと0.1℃体温が下がると言われています。一方で、健康な人の頭皮が1℃下がると、脱毛が始まりやすいとも言われています。

ビタミンの消費

髪の毛の健康に必要なビタミンC、B2、B12が失われるばかりでなく、皮膚全体にも影響します。

ビタミンCは、たばこ1本吸うごとに25mg消耗し、毛細血管が弱ってしまいます。

まとめ

どの栄養素も、バランスよくとることが大切です。

バランスをとるといっても、何種類のものを毎食均等に食べるということではありません。

例えば、肉を食べたい、野菜をいっぱいとりたい、甘いもの、塩辛いものがほしいといった、カラダに今足りない栄養素を本能的が教えてくれます。

量をコントロールしながら食べたいものを食べていれば、バランスをとってくれます。

無理なダイエットで髪のトラブルを起こしますが、過度な食べすぎも肥満のために、カラダの血流が悪くなり、頭皮に栄養が届かなくなる事で、抜け毛や薄毛の原因になります。

肥満は、カラダが重くなるので動くことが億劫になり、全身の血液の流れが悪くなる事で、頭皮まで栄養が行きません。

カラダがを動かすことで、結果的に頭皮に栄養が届き、質の良い睡眠につながり、健康な髪を作ることができるのです。

カラダを動かすといっても、日常の動きにストレッチや階段上りなどを取り入れるだけで血流はよくなります。

運動が嫌いな人に、水泳やランニングをすすめてもストレスになるので、継続できることから始めましょう。

お腹がすいたら、間食としてゆで卵とバナナ、糖類なしの炭酸水を飲むと、お腹がふくれやすくなりますので、お試しください。

女性の薄毛・抜け毛でお困りなら

レメディ代表の竹口公雄です
あなたのお悩みを解決します!​

 私たちは、『髪の毛の専門家』です。

あなたの今抱える髪の毛のお悩みを改善する事はもちろん、あなたがより健康でイキイキと笑顔で生活できるようにサポートする事が、私たちの使命です。

もしあなたが、髪の毛や頭皮の専門ではない治療院やサロンで施術を受ければ、

・一時的に髪の毛のお悩みが改善しても持続せず、時間もお金も掛かってしまう

・頭皮だけの施術では不十分(健康な身体がなければ、髪の毛は増えてこない)

・周り道をしている間に年齢は上がり、改善できなくなってしまう

と言うことになりかねません。

私たちレメディでは、あなたの自身の自然治癒力を引き出し、年齢に負けない若々しさを持続できるように、責任を持って施術に取り組みます。

自信を持って最善・最高の技術で尽くさせて頂きますので、是非一度レメディの育毛鍼をお試し頂ければと思います。あなたの来店を心からお待ちしております。

                    女性専用薄毛治療院 レメディ(Remedy)

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

06-6836-9153

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2022/9/13
2022年 9月27日火曜日は、研修の為、臨時休業となります。休日も、LINE・メール・留守番電話で、お問合せは受付致します。
 
2022/8/11
自律神経測定器を導入致しました。

アクセス・受付時間

住所

〒560-0021
大阪府豊中市本町1-13-29
竹の回廊ビル2階-1

最寄駅

阪急電鉄 宝塚線 豊中駅
南改札口から徒歩4分

受付時間
 
午前 × ×
午後 × ×

9:30~17:00

定休日

月曜日・日曜日・祝日
(土曜日 営業)